新しい分野に挑戦

コロナウィルスが広島に影響を及ぼし始めたころから行政書士業務はほぼストップしてしまい、リモート会議も落ち着き始めたので新たな分野への学習に取り組んでいます。

今後、このブログは挑戦の記録にしていく予定です。

来年度、県立広島大学MBAへ入学するまでの数か月をデータサイエンスの学習に割くことを決めた理由。

ITアレルギーの私にとってもデータサイエンスは面白い

親友におススメされたNHK「人間ってナンだ?」という番組を観たら、とても面白かったんです。面白いのは薄々分かっていたのに遠ざけていた自分がいたんです。。

という事で、最初のとっかかりとして選んだ本が

『戦略的データサイエンス入門』(オライリー・ジャパン)

『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)

まだ読んでいる途中ですが、どちらもITアレルギーの私が理解できる程度の内容となっております。

思えば20年前、東京外国語大学と慶應義塾大学総合政策学部への道が開かれた中で前者を選択した、あの瞬間、

あの瞬間を正当化するための人生だった気がする。

誤魔化すのはやめて、自分の興味に素直になろう。

そう思えたのはこのコロナウィルスによる影響が大きい。

人生のターニングポイントになる、そんな予感がしている。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

Future vision